いつ訪れるかわからない立替払い対策に、年会費無料のこの1枚がおススメ!

接待ゴルフと労災

ゴルフ?接待ゴルフ?自体最近していません。
何か運動しないと体がなまるばかりです。。。

先日、仕事で取引先の方が仕事中に怪我をしたということで
労災の認定をうけたとのこと。

そこでふと思ったのが、会社のコンペや接待ゴルフで
労災って認められるのかな?ってこと。

労災って仕事、通勤中の怪我などを補償する保険のことですが、あまりにも気になってウェブで「接待ゴルフと労災」で検索してみました。

労災と認定されるためには次の2点を満たす必要があるといえるでしょう。

出場が、事業の運営に社会通念上必要と認められること
(たとえば、宣伝等営業政策のうえに効果があると一般的に認められる場合等)
事業主の積極的特命によってなされたこと
(出張として、旅費、日当等が支払われ、当日が通常の出勤として取り扱われていること)
これに照らし、お尋ねのケースを検討してみましょう。会社公認の接待ゴルフなら、通常、旅費やプレー代、飲食費等は必要経費として補填されるはずです。しかし、それに加え、ご質問中の従業員がいうように、通常勤務扱いしないと(つまり、賃金を支払わないと)、条件をクリアできなくなります。

しかし、それだけでは必要十分ではなく、接待ゴルフが、「事業の運営に社会通念上必要と認められる」という条件を満たす必要があります。

サラリーマンの世界では、「宴会やゴルフなどは、関係先との円滑なお付き合いのためには不可欠」というのが常識です。しかし、それは労災認定の世界でいう「社会通念」とイコールではありません。

「事業を代表して対外的な運動会に出場」した場合でも、その「営業上の必要性」は厳しくチェックされるのですから、担当者同士の私的ゴルフなどは、まず業務として認められません。賃金を払いさえすれば、解決する問題ではないのです。

引用元http://www.syaroshi.jp/roumu_q_a/0602_2.htm

接待ゴルフでは基本的に労災は認められないとのこと。
接待ゴルフでの事故や怪我は接待する上でも相手のペースを乱すのでやってはいけないことのひとつだと思うので、
安全にプレーすることが一番ですね!

トップ > ゴルフ日記 > 接待ゴルフと労災

プロフィール
名前:さんぼ
年齢:27歳
職業:サラリーマン
URL:http://sanbo-golf.seesaa.net/
サラリーマン歴5年。ゴルフ歴6ヶ月。初心者ゴルファー。
ブログランキングに参加しています。一日一回クリックお願いします↓m(__)m
にほんブログ村 ゴルフブログへ

ninkiranking.gif
相互リンク募集中!ご希望の方はコメント欄、トラックバックよりお願いします。
新着記事
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。